So-net無料ブログ作成

わんおふ -one off- 聖地巡礼2 [聖地巡礼]

アニメ わんおふ -one off- 聖地巡礼ツーリング第2弾!

oneoff_07.jpg

今回は第4話で登場する『小渋ダム』までやってきました(´∧ω∧`*)
腰部DSCN6554.JPG

長野県上伊那郡(35.605873, 137.978857)にあるダムで、下流にある天竜川の洪水を防いだり

電力を発電したり、農地に水を供給したりとアレコレ忙しそうなダムなのであります!

00353df5.jpg

わんりさ0527.jpg

c3fd104d.jpg

Dだむりさ0537.jpg
小渋ダムのダム湖の名前は小渋湖という名前で、漁業権は国土交通省が持っているため

基本的には釣りは自由だけど、一部の魚は禁漁期間が定められているので、詳しいことは

小渋ダムインフォメーションセンターで調べてね(´∧ω∧`*)

28a2e5f4.jpg

DSC_り、りさ46.jpg

ここまで、ほぼダムの話題で食いつないでいたのは、未だに『わんおふ -one off-』を見ていないからです(-"-)

ホントは作品を見てから、巡礼すると現地に着いた時の感動も増すんだろうけどね!




四徳大橋
094c844a.jpg

あ、あおいりさ_0558.jpg
近くにはトンネルがないので、新しく描き足したんだろうね!

って!橋の色が青になってる!!

グーグルマップでも赤い橋だったのにΣ(゚Д゚;)ギクッ

5b7153c3 (1).jpg

やっぱりあおいりさ0566.jpg
アングル的にはちょっと高い位置ですが・・・・この角度から見てもやっぱり色は青・・・・当たり前かヾ(*´Д`*)

d18928ab98f183adc48e36b7d8a8c60a.jpg

fiume-risa0554.jpg
ガードレールはないけれど、自然の綺麗な風景と橋がマッチしてていい感じ(*^_^*)

長閑でのんびり釣りでも楽しみたくなるよΨ(≧ω≦)Ψ




僕のわんおふ -one off-の聖地巡礼はこれで終わりますが、他にも『福島屋商店』や第3話に出てくる

『龍淵寺』、静岡県の磐田ウィンドファームの海岸線なんかがあるので、巡ってみるといいかもですよ(´∧ω∧`*)


タグ:聖地巡礼

わんおふ -one off- 聖地巡礼 [聖地巡礼]

ツーリング先のネタに困った時には聖地巡礼

このパターンが定着してしまったゆきでございます。

今回僕が巡礼の題材に選んだアニメは2012年11月にOVAとして発売された

わんおふ -one off-です。

oneoff_07.jpg

本田技研工場が特別協賛として参加したこの作品のキャッチコピーは

『2012年、新しい風が舞う。』

そういえば、作中に出てくるCBR250Rも、この1年前に発売されたタイプだったような。

バイク乗りなのに、未だに正面から走ってきた姿が『お!!VFR1200やん!!』って勘違いします(´。vωv。`)

VFR1200と言えば、カウリングの接合部にボルトが一切見当たらない美しいフォルムで

僕の勝手なイメージだけど、その優美な姿はツアラーの貴婦人のようです。




話は完全にバイクの話にそれちゃったけど、この『わんおふ -one off-』と言うアニメもお察しの通り

バイクが登場しますΨ(≧ω≦)Ψ





ホンダ・ジョルノで通学している高校2年生の汐崎春乃とその友人が、自分だけの大切な物を見つけるために

新しい一歩を踏み出す物語!

・・・・とまぁウィキペディア先生がおっしゃっています。

はい・・・・まだ、わんおふ -one off-見ていません・・・・




それでも巡礼します♪

それではミュージック、スタート♪





三遠南信道矢筈トンネル西側 3話OP
oneoff_09.jpg

oneoff_08.jpg

risaわんおふです8.jpg
僕がキャンプしていた矢筈公園キャンプ場からめっちゃ近くてラッキーヾ(≧∇≦*)/

K251からR474の小川路峠道路への途中。




三遠南信道矢筈トンネル東側 3話
8d9fd985.jpg

サイズ ワンオフ.jpg
長い長いトンネルをZX14で走っていると不意に『300kmアタック』とか言う死神の囁きが聞こえてくる(TwTlll)




飯田市立上村小学校付近 4話
3c614484.jpg

シェイプ ワンオフ.jpg
ここから下栗の里へ山道を登って行きます!

途中には湧水もあるよヾ(≧∇≦*)/




下栗の里
defe4ace.jpg

みっちのりーさしもぐり0375.jpg

922d6147.jpg

はんばりっさーC_0371.jpg




はんば亭
b90ba370.jpg

ばんばりさ334.jpg
ついでに信州そばも頂けます(´∧ω∧`*)

デザートにはライダーなら出先で必ず食べたいソフトクリーム.+.((゚(o´∀`o):..+

6492bdeb.jpg

ななめってりーさ59.jpg




天空の里ビューポイント
201204240346164f9.jpg

チロルリサ39.jpg
暑い時期ははんば亭の自販機で飲み物をかって行った方がいいよ!

意外と軽い登山です( ゚Д゚)

7fbf2ece.jpg

鉄のりさ55.jpg

7b00db83.jpg

りさ、望遠忘れたC_0347.jpg




再び下栗の里
3ff17952.jpg

りさのなや0433.jpg




しらびそ峠
oneoff_07.jpg

わんおふぉふぉふぉぉ・・・・りさSCN6319.jpg
ここは南アルプスへの登山口になっています。

この地から冒険が始まったり、憩いの場所になったりするんでしょうね!




ハイランドしらびそ
16e52ea6.jpg

one-off-BD-02.jpg

りさ しらびそ わんおふnebbia304.jpg

760d950c.jpg

リサ ワンオフぽっぽN6306.jpg

周辺情報

宿泊
民宿ひなた・・・・川魚、山肉、山菜と自慢の料理を提供。
兎岳と聖岳が正面に眺められ南アルプスの鼓動が聞こえてきそうです。
in15: 00out10:00
料金一泊二食6800円(お一人様の場合は予約時にお問い合わせ)

民宿みやした・・・・南アルプスの四季折々の風景と囲炉裏を囲んでの珍しい郷土料理は
この地の人々の暮らしを感じさせてくれるはず。
in15:00out10:00
料金一泊二食7000円(お一人様のご予約も可)

高原ロッジ下栗・・・・おしゃれなペンション風の外観
天空の里ビューポイントへは歩いて20分ほど。
ホントか?もっとかかりそうだけど・・・・
和室洋室あり。
料金一泊二食7600円
金額は季節、曜日、プランによって変動

ハイランドしらびそ・・・・標高1918mに建つ施設。
雲上から南アルプスの山々が望め、日帰り湯、軽食、宿泊、
キャンプも出来る!
詳しくはネット検索してね( ´ ▽ ` )ノ

食事
はんば亭・・・・芋田楽、こんにゃく田楽、蕎麦などが頂け特産物の販売まで行っている。
駐車場も広く、綺麗なため休憩での利用もおすすめ♪
だけど、地元の方々が一生懸命地域興しをしてるみたいなので、僅かながらの
善意も宜しくね( ´ ▽ ` )ノ

いっ福・・・・名物おばちゃんが腕によりをかけて作るお料理はボリューム満点!!
弾丸トークに珍しい旬のお野菜のメニューにと顎が忙しい事、忙しい事w
『お母さんただいまー!お腹空いたぁ(>_<)』と、つい口走ってしまいそうな
アットホームな雰囲気はリピート間違いなし。




終わりに
わんおふ-one off-の聖地巡礼という事でしたが、未だ作品を見ておらずどういった内容のものかは

分からないのに、えばって記事アップさせて貰いました(^_^;)

下栗の里、しらびそは非常に自然豊かな場所で、時の流れや環境の移ろいを敏感に感じられる場所で

あると体験しました。

そんな貴重な土地で多感な高校2年生がバイクで風を切り、においを感じ、気候に触れて

どんな事が自分だけの大切なものになったのか?

いつだって旅は新しい一歩!

もしかしたら僕はこの作品を見る前にエンディングを

体験してしまっているのかも知れません☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
タグ:聖地巡礼

天空の里 下栗ツーリング [ツーリング]

DSC_0281.JPG

おはろーございます。

朝の長野県南部でございます。

大体、キャンプ初日はクッカーを使ったり、照明にこだわってみたりとキャンプそのものを

楽しもうと努力するけど
DSC_0267.JPG
移動を繰り返すライダーにとって、キャンプとは所詮手段の一つヾ(-`ω´-o)ゝ。+゚

あとから使わなくなります(TwTlll)




そんな朝を迎えた僕が本日訪れる場所は

日本のチロルと言われる『下栗の里』です。
risaizu1.jpg
k251からR474を通ってR152を走ります。

都市部以外ならどこを走っていても、気持ちのいいワインディングに行き当たりそうなので

テントは設営したまま、身軽な状態で下栗地区へと向かいます。
リサイズしらびそ.jpg

ちなみに途中、湧水があるので水分補給もしっかりネ(´∧ω∧`*)
リサイズ aqqua.jpg

知らない地域ではいつどこに町があるのかわからないので、人馬共に万全に整えときます(`・ω・´)キリッ

250㏄のバイクだと楽しそうな峠道を駆けあがり
下栗りさ289.jpg
やがて現れる人家。

チラホラと立ち並ぶ軒先の目の前には、緑生い茂る雄大な山々がそびえたつ。

しらびそ峠へ続く道の途中に、僕の目指していた日本のチロルと呼ばれる町がある。
りさ下栗 そばくいて9.jpg
その小さな町の一角にばんば亭というお店がある。

蕎麦を出してくれるお店。

せっかく長野に来たのだからお蕎麦を頂きます
そばのりさSC_0328.jpg

その後は、もしかしたらみんなもテレビや雑誌で見たことのある風景を

僕も見に行くよ(´∧ω∧`*)

ぽいんと0.jpg

ビューポイント入口は駐車禁止なので、ばんば亭の駐車場にバイクを停めて

徒歩で絶景ポイントへ向かいます(´∧ω∧`*)

DSC_0336.JPG

絶景ポイントへ・・・・ ・・・・ってどんだけ歩くんョ!!

軽い登山のような状況だけど、人の往来がありその人気がうかがえるよ!!

これは期待できるね(*ゝωб*)b

チロルリサ39.jpg

ついたぁヾ(≧∇≦*)/

到着してふっと思ったことが・・・・

本家本元のチロルってどんなとこ???

とにかく、こんなところに住んでいた昔の人達は何処かの落人かもしれないね!

ビューポイントから戻ってきたら、町を少し散策。
DSC_0414.JPG

ちょっと休憩したいなぁと思っていたところに、Yu氏のオススメする『いっ福』がありました!
ふくりさ0380.jpg

お店の外観を写真に撮ってたら、

『道に迷ってるなら入っておいでぇ。』

って声を掛けられました!

勧められるままお邪魔すると、店主のおばちゃんが

『山口百恵です!』

っていきなりの自己紹介をしてきたぞΣ((((o△o)))
DSC_0382.JPG
僕もつい反射的に

『あ、初めまして。福山雅治です。』

って答えてしまったp(´⌒`q)

とりあえず、さっき食べた大盛りのお蕎麦が消化されちゃったので、いっ福定食を注文。

てぃーしょくりさ_0384.jpg

安いのにこのボリュームで天ぷらは旬の物や、珍しい食材が使用されています!

僕が覚えてるのは、桑の葉っぱやミントの天ぷらがおいしかったよ!

バイク雑誌のガルルに載っているのをみてYu氏も来たみたいなので、

ライダーの聖地認定ですね(´∧ω∧`*)

楽しい会話とおいしい食事で一服した後は、僕と入れかわりでお客様ファミリーが。

きっと、おばちゃんの手料理と弾丸面白トークでお腹も心も満腹だね!




下栗を後にした僕は更に標高を上げ、しらびそ峠にきましたよヾ(≧∇≦*)/

りさ しらびそCN6299.jpg

帰り道への寄り道だよ(´∧ω∧`*)

で、僕がウェット路面にビビりながら走ってた峠の一部が、隕石が落ちた時に出来た

クレーターじゃった!

リサしらびそクレーター内298.jpg

そういや、Yu氏からそんなこと聞いてたなぁ。

ハイランドしらびそ
りさ しらびそ わんおふnebbia304.jpg
1900m以上の高地にこんな建物があるのも驚きだけど、夏場のくっそあっちー九州の気候とはまったく

違う涼しい環境にも驚きです!

そして、もっとビビれ!!

この状況に!!
ハイランドリサしらびそ302.jpg
ポテチ、ぱんぱんでっせΣ(゚Д゚;)

気圧の変化でなるんだってさ。

ハイランドしらびそやしらびそ峠はツーリングとは別のカテゴリーで来たので

ここでは流すだけ(´∧ω∧`*)

DSCN6320.JPG

バイクにとってはあいにくの天気も、木々の葉をよく見てみれば

艶やかに輝いててすごくきれいだよ

pioggiaしらびそ峠のりさ6322.jpg

ここまでこれば後は矢筈公園キャンプ場まで下るだけ(´∧ω∧`*)

明日はどんな出会いがあるかな???

天気が良いといいな(*^_^*)

それではまた次回♪

ツーリングの裏側では、やっぱりこの活動( ´∀`)つ

わんおふ‐One off聖地巡礼Ψ(≧ω≦)Ψ

一期一会のokayama ライド [ツーリング]

心霊スポットキャンプをしてしまったゆきでございます。

一夜明けた岡山県井原市。

バイク屋さんに車検ついでにタイヤ交換を頼んでいたけど、見事に交換されていないというトラップを食らい

様々な予定変更を余儀なくされてしまったゆき。




一旦、倉敷の2りんかんへタイヤ交換をし、その後、長野県入りを果たす事にヾ(-`ω´-o)ゝ。+゚

ま、そのおかげで、地元ライダーと知り合い、お店までの先導をしてもらえることになったんだけどね!
DSCN6246.JPG

朝の爽やかな緑を駆け抜け、時々写真を撮りながら、ひとまず美星の道の駅を目指します(´∧ω∧`*)
DSCN6250.JPG

一人でも目的地には行けなくはないけど、地元の方が先導してくれるので心強いよ!
DSCN6254.JPG
車だとほとんどないけど、ライダー同士はなぜかお互いよく声を掛け合います。

時々信号待ちでこの周辺の細かい情報を提供してくれるCBR600RRのオーナーさん。

美星は日本で2番目にきれいな星空が見れたり、

オススメのジェラートを教えてくれたりヾ(≧∇≦*)/
DSCN6257.JPG
ミックスベリーのジェラート(´∧ω∧`*)

CBRのオーナーさんはバニラで、一口づつ交換♪

どちらもとろけるおいしさ!!!

お腹こわすまで食べたいよぉ♪ヽ(*´∀`)ノ




美星から1時間ほど走ると倉敷の2りんかんに到着!
DSCN6261.JPG
思わぬハプニングだったけど、いい出会いがあってステキな思い出ができましたヽ(*>∇<)ノ

CBRのオーナーさんはこの後R2号まで僕を先導し、無事に高速道路に乗るところまで

見届けてくれました!!

なんと責任感のある方だ( ゚Д゚)

お互い大きく手を振りながら、それぞれの道へ・・・・




フロントタイヤを交換し、長距離走行や突然の悪天候への備えが完了した僕は

岡山県を後にし、長野県へ!

山陽方面から長野県の県南、下伊那郡の二軒屋キャンプ場を目指します(`・ω・´)キリッ





で、やっぱり毎回なんだけど、ここから先は嫌な予感しかせんけど、ホントにこっちなんやろぉか???

初めてのキャンプ場への道はいつもこう(-"-)

しかも、長野、山深い。゚(゚ノД`lll゚)゚。
DSCN6270.JPG
坂キツイ(TwTlll)

熊でそうガクガク((;OдO))ブルブル

で、目的地付近で、スマポの電波が届かなくなり、あろうことか道路はオフロードにΣ(゚Д゚;)ギクッ

二軒屋キャンプ場は却下します!!

一度、温田駅まで下って、k83とR256で二軒屋キャンプ場より北の矢筈公園キャンプ場を

目指すことに。

山をぐるっと回るルートは流石は日本の屋根・・・・こんなところで力を発揮してくれるぜヾ(*´Д`*)




矢筈公園キャンプ場にテントを設営したら、隣を流れる川にキャンドルを沢山並べるよ(´∧ω∧`*)
DSCN6274.JPG
ここは、めっちゃキレイで冷たい水なので、ライディングで火照った体をクールダウン!!

水着?

持ってないよ?

裸だよ?

ワイルドだろぉ♪.+.((゚(o´∀`o):..+

女子高生とかに見られたら、僕が悲鳴を上げます(`・ω・´)キリッ

ま、誰もいないから出来るんだけどね(*ノзノ*)ヤーン♡




長野県入りを果たしたわたくしゆき。

なんだかワイルドサバイバルツーリングになりそうな予感!

次はYu氏オススメの食事処へお邪魔します♪

Yu氏も1年ほど前に行ったことあるんだって!!

楽しみ♪

サバイバルホラーツーリング!? [ツーリング]

夏休みだ!!

ヤッフォーォォイ!!

お休みに合わせて、バイクを車検に出して、ついでにオイルとタイヤ交換をお願いしていたので

いっぱい走れるぞ(`・ω・´)キリッ
DSCN6234.JPG

そんなわけで、毎日くそあちぃ九州を脱出して東北へ・・・・

と思ったら、なんとタイフーン先生が列島に家庭訪問しに来る予報が・・・・

しかたねぇ。

operazione2!

東北は諦めて長野にしよう(`・ω・´)キリッ

大分県からバイクに乗りだし、かねてよりの疑問が・・・・

なんだかタイヤ交換した割には、コーナリングのフィーリングが以前と変わりない?

サービスエリアでフロントタイヤを覗きこんでみたら((((;´・ω・`)))

タイヤ交換されてないΣ(゚Д゚;)ギクッ




福山東でいったん高速道路を降り、岡山県井原市へ

DSCN6240.JPG

一気に長野入りを果たしたかったけど、タイヤがなけりゃ仕方がない。

一旦倉敷の2りんかんでタイヤ交換をするため、この辺りのキャンプ場で一泊する作戦です!

それにしても、夜のキャンプ場への道ってどうしていつも『ホントにこっちの道であっちょんの!?』って

思わせてくれるんだろ。゚(゚ノД`lll゚)゚。コワイョ―!!

DSCN6242.JPG

それらしいところに到着後、テント設営前の周囲の探索。




深夜2時。

川岸のテントサイトなのにやけに蒸し暑い・・・・

目の前が川なので少し水浴びをするのもいいなぁ。なんて考えながら、水面をライトで照らす。

疲れもあるけれど、なんだか気が乗らないなぁp(´⌒`q)

気持ちいいんだろうけどさ。




あ.jpg
一夜明けた緊急キャンプ。

テントを撤収し、倉敷へ向かう準備をしている時、一台の青いCBR600RRが僕に近づいてきてこう言った。

バイク乗り同士の軽い挨拶のあと、

『よくここを知ってましたね!ここって地元の人しか知らないですよ。』

若いライダーは続ける。

『昨日の夜にここにたどり着いたんですね。この川で泳ぎました???』

僕は泳いでないよ。と伝えた。

『ここ最近、警告を促す看板が川沿いのあちこちに立てられて。

この川。水深はめっちゃ浅いのに、よく水難事故が起きるんです。』

え!?

『こう・・・・脚をクッ!っとね。』

まさか、それって・・・・

『ここって、地元じゃ有名な心霊スポットなんです。』

ぎゃぁぁぁΣ((((o△o)))ぁぁぁぁ




心霊スポットキャンプをしたゆきの長野への旅はまだまだ続く!!