So-net無料ブログ作成
検索選択

氷菓 聖地巡礼 [聖地巡礼]

今回の巡礼の地は岐阜県高山市です(*ゝωб*)b

ここは2012年4月より放送開始となったアニメ『氷菓』の舞台となっています。

BGMはアニメのオープニング曲『優しさの理由』のフルバージョンです♪

スマホやタブレット端末ではflash再生アプリがないと効けないよ(´。vωv。`)

hyouka1.jpg
物語は「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことは手短に。」をモットーにしていた

省エネ主義の神山高校1年生の折木奉太郎が、姉・供恵からの勧めで古典部に入部する所から始まる。

同じく一身上の都合で古典部へ入部することとなった千反田える。

『私、気になります!』の決まり文句で折木を日常に潜む謎へと引き込んで行く千反田。

img_0.jpg

ある日、折木の推理力を見込んだ千反田は、45年前に失踪した伯父を探す為、手助けを求める。

折木は古典部の文集である『氷菓』が、事件の鍵を握る物だとして推理を展開。

そして、闇に葬られた真実が時を経て明るみに出る!!




日常の謎を描き、見事に解き明かしていくミステリーアニメ『氷菓』
DSCN5863.JPG
北海道から九州への帰り道。

舞台となる岐阜県高山市に立ち寄ってみました。

不動橋
DSCN5878.JPG

img_31.jpg

DSCN5879.JPG

9597d89c.jpg

DSCN5874.JPG

近くには市営の駐車場があるので、お車やバイクの方はそこに止めて散策することをお勧め(´∧ω∧`*)

観光マップや喫煙所。トイレもあるので便利だよ!




弥生橋
DSCN5882.JPG

20120429203203e15.jpg
不動橋から南下したところにあるよ!




本町通り。
DSCN5889.JPG

20120429202626ec9.jpg
この辺りには、沢山のお店が軒を連ねにぎわいを見せるところです。

中には氷菓の巡礼マップを置いているお店や、関連グッズもあったりと地域で盛り上がっています!
DSCN5903.JPG

古典部の文集やん!!
DSCN5904.JPG
因みにマップはこんなヤツで両面カラー。

takayamamap_omote.jpg
案外立派な紙のマップです!




更に街中を歩いてゆくと現れるコレ!
DSCN5902.JPG

201204292026252f3.jpg

出会うごとにアクロバティックになって行くこいつとは違うぜ!
DSCN5905.JPG

DSCN5914.JPG

鍛冶屋橋交差点には『花水木』というバーガーショップがあります。
DSCN5897.JPG

a007.jpg

飛騨牛を100%使用した高山バーガー!!

店内もオシャンティですが川を眺めながらテラスで頂くのも気持ちいいよ(´∧ω∧`*)




カフェつながりでk462沿いにバグパイプと言う喫茶店があります。
DSCN5920.JPG

06019e34fbbdc06e62e0d792676aa961.jpg
外観もさることながら内装も洋風で、作中と同じになっています!!

サンドイッチにケーキ♪各種コーヒーも頂けるので、小休憩に立ち寄るといいかもですね(´∧ω∧`*)

他にも、この周囲は町並み保存地区になっているので、観光も同時にやっちゃうよ!

DSCN5922.JPG

DSCN5928.JPG
飛騨牛を使ったコロッケもおいしい♪

この後、牛乳、ソフトクリームまで頂き大満足♪.+.((゚(o´∀`o):..+

ライダーは何かといえば、ソフトクリームやろ!




喫茶店バグパイプから少し歩いたところに『煥章館』(かんしょうかん)という建物があります。
DSCN5932.JPG

明治9年に学校として建てられたのち、現在では高山市の図書館として利用される

歴史的建造物です。

001A.jpg
作中では神山市立図書館になっていますね。

DSCN5935.JPG

002A.jpg

館内は受付で申し込みをし、書類にサインをすれば撮影が許可されるとの事!

内部もアニメと同じ内装で、ひまわりのステンドグラスがあったりと、是非見学してみてね♪




他にも一本杉神社なんかも聖地になっていますが、ここまでが体力の限界・・・・

最後に高山を注入して一気に九州にかえるぜ!!
DSCN5941.JPG
すっきり清涼感がある懐かしい味のサイダーでした。




ここからは名神を通って、関門海峡を渡るぜ!!
DSCN5989.JPG

途中、中身がどうしても気になるエナジードリンクを発見!!
DSCN5980.JPG
お嬢様聖水・・・・

『一滴もこぼさない様に、有難く飲みなさいよね!』っていう声が聞こえてきそう・・・・

私の中の女神が目覚めたところで、どんどん距離を詰めていくぜ!!

何度も給油し・・・・
DSCN6011.JPG

うおぉぉぉ!!
DSCN6025.JPG

夜明けの関門海峡を渡り・・・・
DSCN6036.JPG

かえってきたぁ!!
DSCN6046.JPG

実は氷菓の聖地巡礼のみならず、北海道は本土の最東端。

納沙布岬まで旅立っていたわたくし。




今回の巡礼は強行軍になったにも関わらず、高山の町並みをぐるり一周するルートを通ったので

歩きでもさほど苦痛に感じませんでした。

街中には様々なお店や歴史的な町並みも多く、巡礼以外でも魅力たっぷりな場所でした!!

また行ってみたいなぁ♪高山♪
タグ:聖地巡礼
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

北洋館 艦これ 聖地巡礼 [聖地巡礼]

艦これの聖地である基地としては、最北端の北洋館。

かつて、ここには大湊警備府が置かれ、漁業水域の安全確保、艦隊護衛、対潜掃海など

北の海を護る様々な任務を行う基地がありました。
DSCN5709.JPG
ゲームでは5番目に立ち上げられたサーバーの名前になっており

現在は海上自衛隊唯一の専用ドックがある大湊基地と呼ばれています。




北洋館は1915年(大正5年)に建てたれ、海軍士官の集会場や社交場として利用されていた場所です。

当時としては珍しかった石造り、左右対称の洋風建築で、大正・昭和の名建築に登録されるという

貴重な建築物です。




館内には明治35年、帝国海軍水雷団開庁から現在までの「北方の海上防衛」をテーマにした

貴重な展示品、約1000点あまりを見学することが出来ます。




入館無料。撮影自由なので気になるポイントをバッチリ見学しちゃうもんね!
DSCN5727.JPG
写真は、戦艦陸奥の装甲板取り付けボルト!

何番のソケットが合うんやろ!?ってくらい大きいです。

装甲板は砲塔や艦橋など、陸奥にとって大切な所を護るために貼り付けるそうですが

厚みは何と30cmから50cm!!

ゲームの陸奥は鋼鉄のパンツはいとるんやろな・・・・




過去の品々もあれば写真や図、模型などでも艦艇や先人の偉業を知ることが出来ます。
DSCN5743.JPG

手作りと思われる説明書きには、艦これプレイヤーの顏もほころぶ内容が。
DSCN5744.JPG
ゲームじゃ龍驤って関西弁なんだよ。




奇跡の作戦と言われた『キスカ島撤退作戦』
DSCN5742.JPG
アリューシャン列島の小さな島。

キスカ島。

この島は米軍に包囲され、守備隊6000名余が全滅か投降かの窮地に立たされた。

絶体絶命の守備隊を救うには

■『視界ゼロの濃霧』が発生していること。

■電探、逆探を搭載した艦艇がいること。

だった!

借りものであります.jpg

訓練した陣形が組めなかったり、バラバラになっての出撃だったり、衝突しあう事もあったけど

敵艦に見えるような偽装工作を行ったり、大砲の音で互いの位置を知らせあったりして

どの艦も敵に攻撃されることなく、守備隊全員を収容し帰投!

DSCN5746.JPG
阿武隈と島風は敵艦にそっくりな岩を雷撃で吹き飛ばしたりしたそうですがヾ(-`ω´-o)ゝ。+゚

ゲームでもキャラっぽいと言えばキャラっぽいよね(´∧ω∧`*)




一通り見学してみて、北洋館はじっくり回っても1時間程度とお勉強しやすい規模になっています。

艦これというブラウザゲームをフィルターに見学しましたが、やっぱり史実。

時にグッと目頭が熱くなる一文もあり、

今、この一瞬も一発100円もしない弾丸で奪われる命があることを忘れてはいけないと思い知らされました。




このほかにも館内には元ネタは艦これやろ!?と思わせる展示がチラホラありますが、御来館の際に

探してみてくださいね♪




北洋館へのアクセス
大湊線 大湊駅からバスで10分、宇田下車、徒歩3分




周辺情報

見どころ

『多目的広場』
ここは護衛艦を間近で見られるスポット!
DSCN5794.JPG

水源地公園
旧海軍大湊要港部水道部により建設された石造堰堤(1909年)。
DSCF2600.jpg
5月上旬には花見客で賑わう。

海望館
大湊基地の全景を見渡せるビュースポット
kaibokan.JPG
安渡館に併設され、ランチやディナーの際には御一緒に

食事
北の防人 安渡館
CWBSX4dVAAAy2qA.jpg
実在した海軍大湊要港部庁舎をイメージし平成27年4月にオープン!

内外装共に明治・大正を感じさせる施設になっています。

d0007875_1353434.jpg

IMG_8732.JPG

shop_main_andokan.jpg
海軍カレーをはじめ、特製デザート、アルコールなども取りそろえています。

営業時間などの詳細はココをクリック!


nice!(10)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感