So-net無料ブログ作成
検索選択

帰路へのゆき 魂の忘れ物 恐山ツーリング [ツーリング]

気が付いたら僕は死んでいた。

ただ、何の変化もなく平穏な日常を過ごしていると、そんな場面にはなかなか出くわさない。

必ず明日はある。

そう漠然と信じていた・・・・




強風吹き荒れる『大間崎テントサイト』

北海道を後にした僕は、本州の最北端。

大間の地で野営をしていました。

北海道へ渡るライダーか、帰路へ着くライダーか。

はたまたこの地が目的のライダーか。

5台ほどのバイクは早朝、僕を置いてそれぞれの目的地へ。




帰路へのゆきですが、ただまっすぐ帰るのがもったいないので、ちょっと寄り道をしながら帰るよ(*ゝωб*)b

DSCN5524.JPG

青森県の大間と言えばマグロが有名ですが、本州最北端でも有名な地。
DSCN5526.JPG
御寝坊な僕だけれども、周囲のお店はまだまだ開店準備中なので、マグロはお預けみたいヾ(-`ω´-o)ゝ。+゚




記念のジドリを済ませたら、下北半島を南下して今まで通り過ぎるだけだった青森の風景を

記憶に刻みつけるぜ(´∧ω∧`*)
DSCN5542.JPG
漁村を気持ちよく走りながら海を眺めているとついついヘルメットの中はカラオケボックス化しちゃうよ♪

『波の谷間に命の花がぁぁ♪』

兄弟船!!




コブシを効かせ熱唱しているとちらほら見えてくるR279のはまなすライン。
DSCN5559.JPG

こ、これは廃墟ジャマイカ!!

あとから調べて知ったのですが、この陸橋、

『大間線』といって大間にある海軍基地の要塞化の為、資材運搬用の路線として計画、

建設された物なんだって!

1937年に工事が開始され、1939年に大畑線として下北~大畑間が開通し、大畑以北も建設。

ほぼ完成という所で1943年、戦時中の資材不足により工事は中断。

その後、工事は再開されることなく今に至る。




偶然、戦争遺跡を発見した後はK4を気持ちよく流しながらの森林浴だヾ(≧∇≦*)/
DSCN5567.JPG
九州の杉だらけの山道とは違い、深緑が眩しいぜ!

DSCN5565.JPG




さて、突然ですが生者の旅路はココでいったん中断します。




この橋の先が今日の目的地だよ♪
DSCN5701.JPG
ん?橋の前に何か看板が立ってなかった???

一本の川の先に僕を待ち受けていた場所。

恐山

高野山、比叡山と並び日本三大霊山として知られる恐山。
DSCN5580.JPG

下北地方では『人は死ねば、魂はお山へ行く』と言い伝えられ、死者への供養の場として崇敬を集めてきた。
DSCN5612.JPG

周囲には硫黄の臭いが立ち込め、吹き出る火山性のガスが金属を変色させている。
DSCN5610.JPG

風が吹く度にカラカラと回る風車の音。

カラスの鳴き声。

積み上げられた石の山々。

どちらかと言えば、この世よりもあの世に近い場所と言われる由縁がわかります。

もう、周囲の空気感があの世だからね!

DSCN5618.JPG

あの世でも小石を積むかのように、己の業を積むぜ!!
DSCN5616.JPG
地獄でスパルタンなバイクに乗れます様に!!

だけど、天国の極楽浜でリゾート気分も捨てがたいですヾ(-`ω´-o)ゝ。+゚
DSCN5642.JPG

天国リゾート・・・・地獄ツーリング・・・・

あ、そういえば、まだ日本本土最西端の神崎鼻に行ってないんだった!!

もう一回あの川を渡らなきゃ!!

さよなら!地蔵菩薩さまヾ(≧∇≦*)
DSCN5662.JPG
今度、ホントに死んだら遊びに来ます♪.+.((゚(o´∀`o):..+♪




かくして再び浮世に蘇ったゆきはバイクに跨り

遙か遠く、九州を目指すのでありました(`・ω・´)キリッ




でもさ、どうする???

魂だけあの世に置き忘れてたら|ョ゚Д゚ll))怖ヮ
DSCN5656.JPG
nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

進撃のゆき リベンツリズモ 室蘭 地球岬ツーリング [ツーリング]

おはろーございます

室蘭だんパラキャンプ場

もぞもぞとテントから這い出して、自然のおいしい空気を胸いっぱいに吸い込みます♪

DSCN5397.JPG

すがすがしい朝とは裏腹に、これまで何千キロも旅してきた相棒は、

かなりドロドロな状態になっちゃいましたp(´⌒`q)

泥汚れはオフ車乗りの勲章って言うけど、ロードバイクもなんだぜ!

・・・・ホントはめっちゃ洗いたいけど・・・・

朝は街中の喧騒を潜り抜け、峠道を走り、とある岬へ向かうぜ(`・ω・´)キリッ
DSCN5401.JPG

『地球岬』
DSCN5406.JPG
チキウ岬とも呼び、名前の由来はアイヌ語のポロ・チケプ『親である 断崖』

これが訛り、『地球岬』とされるようになった。

その名のとおり水平線が緩やかな曲線を描き、地球の丸さが感じられるよ!

この曲線は人間の目の錯覚だし、僕のカメラじゃそんな雄大さは伝わらないんだけどね( ´∀`)つ□ 涙拭けよ

展望台には鐘が吊るされてるので、恒例の『男ならば鐘はこう鳴らせ!』をやっときますか!
DSCN5408.JPG
と思ったら、昇龍拳を強いられるほど高い位置にあった・・・・

本来なら、こう鳴らしますが・・・・南京錠付きの釣鐘・・・・一緒に鳴らす???

体は許しても心は許しませんが(笑)
DSCN5410.JPG

見晴らしの良い所が、全国的に恋人たちの聖地化してるのが気に入らねぇぜ(TдT)

呪いの言葉を吐きながら独身貴族は甘味に舌鼓♡

ライダーってとにかく無暗にアイスクリームを食べて、お腹をこわす生き物なのだ(*ノзノ*)きゃっ☆
DSCN5416.JPG

絶景とソフトクリームで満足したら、またまた峠を走って『測量山』へいくぞ♪
DSCN5421.JPG

ここからは室蘭の工場地帯が一望出来て、きっと夜景がキレイなんだろうな♪

視線を移せば、東日本で一番大きな『白鳥大橋』も見えます!
DSCN5423.JPG

その白鳥大橋を渡ってR37とR5で函館を目指します。
DSCN5439.JPG
そう。

本州と北海道を結ぶ玄関口

函館

僕の旅もあと少しで終わりを迎えます。
DSCN5449.JPG
思えば遠くへ来たんだな。

ボルケーノベイを眺めながら、ちょっぴり寒い風を感じマッタリ流す。
DSCN5453.JPG

夕方には函館フェリーターミナルに到着
DSCN5468.JPG

去年もここでジンギスカンを頂いたので、今年も帰る前に北海道を補給するよ♪
DSCN5465.JPG

更にはご当地ドリンクもグビグビ!ぷっはぁヾ(≧∇≦*)/
DSCN5476.JPG

腹ごなしの運動も忘れないぜ(`・ω・´)キリッ
DSCN5470.JPG
やっぱり釣鐘は拳で鳴らすべし!

そうこうしてると帰りのフェリーがやってきました。
DSCN5473.JPG

駐車場に並ぶとGPZのフルカウルが停めてあったよ!
DSCN5479.JPG
後ろから見たときにZZR1100かと思ったんだけど違ったらしい!!

かなりレア物でっせ( ゚Д゚)

オーナーさんにお話を伺うと、地元は長野県で僕と時を同じくして納沙布岬にたどり着いていたらしい!!

同じ濃霧と強風の中を走った!しかも同じKAWASAKI乗りの同志よ!!!

長野に行く際には是非、一緒に走りたいものです(´∧ω∧`*)
DSCN5482.JPG
そういえば、GPZのおにいさんに良い事教えてもらったんだけど、

納沙布岬には民宿があるらしい。

どうやら、はく製の製作を生業としていた人が、新たに始めたらしい。

今はまだ、開業前でGPZのお兄さんは、たまたま迷い込んでお泊りさせてもらったんだってΨ(≧ω≦)Ψ

北海道では時折、旅人を快く泊めてくれる方もいらっしゃるのだとか!!

すごいよね(´∧ω∧`*)




最後にハートウォーミングなお話を聞かせてもらい、北海道とはお別れ。
DSCN5501.JPG





納沙布岬到達作戦

今回は、きれいな自然に驚きました!とっても寒くて震えることもあったし、

正直、北見の人生相談には涙することもありました。

だけど、うれしい言葉をかけてもらったり、おいしい物をいっぱい食べたり。

そんなときの僕は笑顔でした。

笑顔が積み重なって、笑ってる時間の方が長かった!

今回のツーリングでお会いした方々の言葉、一つ一つが僕の人生の道しるべです。

みんな!有難う!!




それでは、『進撃のゆき リベンツリズモ 納沙布岬到達作戦』は、これにて成功の元、

幕を閉じるのでありました(*ゝωб*)b

お休みなさい♪
DSCN5502.JPG





吹き荒ぶ風の音とカラスの鳴き声しかしない世界。

そこは死者の世界。

次回!

『帰路へのゆき』

知らないうちに死んでいた・・・・なんてこと、あるんですかね!?
nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感