So-net無料ブログ作成
検索選択

大井神社 艦これ聖地巡礼 [聖地巡礼]

清流、大井川が流れる静岡県島田市大井町

凛とした朝の静けさに佇む大井神社に訪問しました。
DSCN3712.JPG

今回の記事は聖地巡礼と言う事で、何の聖地かと言うと『艦隊これくしょん 艦これ』と言う

PCゲームの『大井』と言うキャラクターの聖地です。

艦これは帝国海軍の艦船を擬人化した多種多様なキャラクターを育成して、

様々な任務を遂行するゲームです。

それで、こっちのジョウロみたいな単装砲をもった娘が『重雷装巡洋艦 大井』です。
20150629190114f27.jpg
両舷合わせて40門もの魚雷発射管は、九三式酸素魚雷という高性能で長距離射程の魚雷を発射します!

実際の帝国海軍の構想も太平洋から迫りくる米艦隊に対してのロングレンジ奇襲で、ゲームにも

反映されているのか、開幕戦での雷撃は頼もしいの一言!

同じ艦種の北上さんLOVEだけど、提督にそっけなくって時々腹黒いんだよなぁp(´⌒`q)
c3459cae5f2dbbb500cdc085494241f780e0d0651423067492.jpg
(艦これ アニメより)

そんなユニークな巡洋艦『大井』の艦内神社がこの大井神社なのです。
DSCN3691.JPG
大井川の氾濫を鎮める為に建てられたこの神社では3年に一度、日本三大奇祭の一つ

『大島大祭 帯まつり』が行われます。
DSCN3689.JPG
たぶん、このポーズから推測するに武闘派なお祭りにちげぇねぇ|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||

境内には様々なスポットがあって、朝の散歩、観光にはとてもいい所だよ♪
DSCN3696.JPG

ミニ御社様もあるネ♪ヽ(*´∀`)ノ
DSCN3698.JPG

恒例のイタ絵馬探しではこれといって何も見つからず。皆さん思い思いの願いを綴られていました。




今回の聖地巡礼は『艦これ』と言う事ですが、大井神社へのアクセスは
JR島田駅より徒歩5分
マイカーの方は境内に無料駐車場もあり、大変便利になっています。

神社周辺スポット
蓬莱橋と言うギネス認定の木造橋があって、そのまっすぐに伸びる姿は一見の価値あり!

食事
そば屋『雪月花』はいかがですか?
神社より徒歩で行ける場所にあり、価格は840円から2000円で各種メニューあり。
営業時間は11:30~14:30 17:00~22:00となって夜は大人の雰囲気を楽しめます♪




以上、ゆきの聖地巡礼『艦これ』編でした(´∧ω∧`*)
nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

浜名海兵団 遠江射場 潜入捜査 [潜入捜査報告書]

『潜入捜査官ゆきより本部へ。34°41'03.4"N 137°33'52.7"Eに到達。』

『本部了解。今回の調査は畑への潜入は許可されていません。道路沿いから不審者のオーラを放ちながら

写真を撮ってください。』

DSCN3555.JPG

1944年(昭和19年)9月15日、太平洋戦争末期に横須賀鎮守府の管轄で設置された浜名海兵団。

海兵団は大日本帝国海軍において、軍港の警備や防衛、船舶部隊への新兵の補充、下士官の育成訓練を

目的とした陸上部隊。

海沿いの平野部に設置されたと言う事は、本土防衛の一端を担う目的もあったのではないだろうかと

思います。

当時はこの周囲に44棟もの施設があったのですが、現在では畑が広がっています。



『本部よりゆき潜入捜査官へ。次のポイントは34°39'22.6"N 138°02'14.5"Eです。移動を開始してください。』

次のポイントは遠江射場
DSCN3597.JPG
大日本帝国陸軍が設置した砲弾試験場です。

写真のトンネルは当時建設されたもので小さな配電盤の跡が残っています。
DSCN3598.JPG
もしかしたら、砲弾や物資を運ぶ軌道とかが敷かれていたのかもしれませんね!

トンネルの隣には高射砲へと電力を供給する建物が残されています。
DSCN3596.JPG

扉には鍵がかかっているけど、穴は開いてるぞ!

の・・・・覗いとく?
DSCN3604.JPG
・・・・なんか動くやつが閉じ込められてたらいやよねΣ(゚Д゚;)ギクッ

トンネルの周囲には高射砲の台座らしき遺構が整列してました。
DSCN3603.JPG
こいつは平和利用だな。

リサイクルとか有効活用とかもいうよな。

司令所跡も残されてるけど、藪に覆われてなんだか侵入者を拒んでいるよう。
DSCN3600.JPG
『もう終わったのだからそっとしておいておくれ』

なんだかそういっているような気がします。

『こちら潜入捜査官ゆき。浜名海兵団、遠江射場の潜入捜査の報告は以上だ。』

『本部了解しました。次回の活躍にも期待しています。それでは、通信終了。』

まったねぇ~♪.+.((゚(o´∀`o):..+♪
nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今度は夜の竹原さんぽ道♪ [ドライブ]

あと数十分で2015年が終わる・・・・

今年の最後は広島県竹原市の町並み保存地区で地元民に紛れてカウントダウンだぁヽ(*>∇<)ノ

DSCN4107.JPG

今まで早朝にしか歩いたことない竹原の町並み。

今度こそにぎわいの中、うまい物食べたり騒いだりして新年を祝うぞぉヾ(≧∇≦*)/

と、思ってたんだけど・・・・
DSCN4114.JPG
みんなどこ?

観光地だから大晦日には何かしらイベントやってんじゃね?と言う安易な考えで立ち寄ってみたものの

見事に何もやってなかった・・・・p(´⌒`q)

し、静すぐる・・・・
DSCN4115.JPG

みなさぁん。九州からイケメンがきましたよぉ・・・・しぃん。
DSCN4134.JPG
ま、まぁ皆恥ずかしがり屋さんなんやな。うん。

さぁ。
DSCN4112.JPG
帰ろか(爆)

早朝の竹原、深夜の竹原とそれぞれの時間に訪れ、違った一面を見れたよ。

僕の写真じゃ街灯が蛍光灯っぽい色になっちゃってるけど、どれも暖色系ですっごくやわらかな雰囲気が

出てました(´∧ω∧`*)



今回の旅は三重、静岡、神奈川、滋賀、広島と五県の観光スポットを巡り、まだまだアップできてない

スポットもあるので、時期に小出し、短編で仕上げていきますヽ(*>∇<)ノ

オタクでマニアな遊び方をしてるので、あまり引かないでねぇ♪

それではまったねぇ♪
タグ:ドライブ
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

彦根城へ突入!城主ひこにゃんはどこなのにゃん? [ドライブ]

琵琶湖のさざ波の音と朝日の眩しさで目をさま・・・・

はい。前回同様、単に寒さで目を覚ましたゆきです(TwTlll)

DSCN3965.JPG

ここは日本一の湖。滋賀県の琵琶湖でございます。

そして、滋賀県の有名人と言えば彼でしょう!

毘沙門天の化身!彼の通った後にはぺんぺん草一本すら残らないと言われる『ひこにゃん』です!
o0452064012301359823.jpg

彼の居城は滋賀県彦根市にあると言うので、立身出世を夢見る足軽ゆき!

彦根城へ攻め入ることにしますヽ(*>∇<)ノ

大手門橋から正面突破するぜ!
DSCN3969.JPG
琵琶湖から直接水を引いたお堀。

2重3重と城を取り囲んでいるので郭への潜入はかなり困難を極めるぞ!!

幾重にも張り巡らされたお堀を越えたら、まっすぐに伸びる大手参道が待ち受けています。
DSCN3972.JPG
おや?緩やかで、まっすぐだし一気に彦根城攻略か??

と、思いきや登るにつれて傾斜が増していってる!?

うぅしんどい|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||

しかも目の前には天秤櫓の一翼がこちらを狙ってる( ゚Д゚)

飛んでくる弓矢や鉄砲の弾を掻い潜り、廊下橋、天秤櫓を越えたら天守閣だ!
DSCN3977.JPG
しかし、ここで問題が発生!!廊下橋と呼ばれるこの橋は非常時には火を放ち焼き落とすことが出来る

『落とし橋』になるのだΣ(゚Д゚;)ギクッ

火を放たれる前に早く渡れぇぇっ!!

曲がりくねった通路を駆け上がるゆき。

しかし、足軽ゆきに更なる追い討ちが!!!

負傷か!?ついに足軽ゆきが負傷したのか!?

・・・・。

DSCN3983.JPG
あ、甘酒がうまそうじゃったのでヾ(-`ω´-o)ゝ。+゚

さ、甘酒で身も心もポカポカに温まったところで、彦根城の攻防戦を再開するぞ!

まずは、さっきの橋を渡って長浜城の大手門を移築したと言われる左右対称の櫓、『天秤櫓』を攻略だ!
DSCN3987.JPG

重厚な門を潜り抜け
DSCN3991.JPG

内部へ突入!
DSCN3993.JPG

広い室内空間のわりに小さな格子窓。

その窓から外を覗けば、僕が通って来た場所が死角なく見渡せる!
DSCN4001.JPG
しかも、この格子、鉄砲や弓をここから出しても狙いやすい角度がついてる!

やるな、ひこにゃん・・・・

さらに登りにくい石段を登って行くと太鼓門櫓に差し掛かります
DSCN4014.JPG
天守がある本丸の表の守りを固める櫓門で、城内合図の太鼓を置いていたことから太鼓門櫓と

名付けられました。

裏に回ればこんな風に壁がないよ。

櫓としては珍しいタイプ(*ゝωб*)b

ここを過ぎればついに目標の天守閣が見えてくるぜ!
DSCN4047.JPG

天守内部に突入!足軽ゆき!ついに天下取りの一角に手を掛けた!!
DSCN4027.JPG
凄い梁だよね!

きっと匠の計算されつくした技法なのでしょう。

廊下ならこども武者が余裕でドッヂボールできるんじゃね??
DSCN4030.JPG

この角度はもう絶対いやがらせですよね?
DSCN4045.JPG
今までいろいろな所のお城に攻め入った足軽ゆき。

解ってます。お城と言うのは『絶対入らせねぇよ!』っていう意地と

『こんな仕掛けやったらめっちゃ萎えるやろ』っていう意地悪が具現化したものだと言う事を・・・・

天守閣の壁には、いたるところに『狭間』(さま)と呼ばれる鉄砲や弓矢を出す穴が設けられているぜ!

内部に突入して狭間の存在に初めて気が付いたけど、外部からでは彦根城の狭間はわからない・・・・

優美さの裏側に潜む牙が恐ろしいぜ彦根城( ゚Д゚)

その最たる例がこの『破風の間』
DSCN4032.JPG
入口は非常に小さいけどスペースは3畳ほど。

床下収納もついてて、有事の際には城の壁を内部から突き破って、そこから銃撃|ョ゚Д゚ll))怖ァ・・

防御と言うよか、ほぼ奇襲攻撃じゃん!!

幾多の攻撃を潜り抜け、足軽ゆきは無事天守の最上部へと到達♪.+.((゚(o´∀`o):..+♪
DSCN4036.JPG

ご褒美はこの眺めだぁ♪
DSCN4035.JPG

彦根城は現在でも交通の要所ですが、当時も日本列島のほぼ中心にあり、

中山道が通り湖上交通で陸路よりも早い移動も可能です。

やるな、ひこにゃん。

そういえば、僕はひこにゃんに会えなかったけど、彼はお昼休みで弁当食ってるってさ( ゚Д゚)

ほんとかなぁ?

次回、僕の旅は佳境を迎え、広島県竹原市にお邪魔します♪
タグ:ドライブ
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

熱き男のスカイライン! [ドライブ]

今シーズンの開幕戦!

伊豆スカイラインより熱き男たちの戦いが、今始まります!
DSCN3874.JPG
ポールポジションを取ったのは、ダイハツの軽自動車、続く二番手にゆきの運転するスズキスイフト。

日産マーチはピットスタートとなっています。

気温は朝からあまり上がらず、タイヤマネジメントよりも路面温度が気になる状態の中、神奈川県の

芦ノ湖へ向けて、今スタートが切られました!!
DSCN3876.JPG
第一コーナーを制したのはダイハツの軽自動車!

続くゆきのスイフトは鼻歌交じりのドライビングだぁ♪

ここで、スイフトからの無線が入っています!
DSCN3880.JPG
『伊豆スカイライン!お金を払ったのに大分県で走る道にそっくりってどういうこと!?』

日本の山道がどこもそっくりなのだろうと自分なりに納得し、芦ノ湖へ向けてレースは続いてゆくぅっ!
DSCN3882.JPG
ここで、ゆきが早めのピットイン!

綺麗な景色と空気を求めて長めのストップだ!
DSCN3888.JPG

続いてサービスエリアでもピットイン!今度はご当地グルメの富士宮焼きそばとお餅だ!!
DSCN3890.JPG
焼きそばの方は5パックくらいは食べられそうだけど、同時にお小遣いが寂しくなるのでお腹と懐のバランスを

取るのが今回のレースを大きく左右しそうですね!

ゴールの芦ノ湖をめざし伊豆スカイラインからMAZDAターンパイクへと入り、レースは後半戦へと突入します!
DSCN3892.JPG

この辺りは車のインプレッション動画の撮影なんかにもよく登場するワインディングですね。
DSCN3897.JPG

ゆき愛用のタイヤ、ファルケンも残り僅かでドライビングも苦しそう!しかし、芦ノ湖まであと少し!

スパートを賭けています!!
DSCN3908.JPG

貧血のおててが女の子よりも白いゆき選手!
DSCN3905.JPG

高速コーナーでの繊細な姿勢制御は折り紙つきだぁぁっ!
DSCN3904.JPG
区間タイムはトップです!

とか言うF1ごっこをスカイラウンジの駐車場でやってました♪ヽ(*´∀`)ノ
DSCN3910.JPG
MAZDAスカイラウンジはどちらかというとライダーの聖地みたいなところっぽい!

DSCN3912.JPG

一角にはデカいバイクの展示があったり、バイク用品が売ってあったりでライダー達の憩いの場。
DSCN3914.JPG

快音響かせ登りきった先で、かっこよくバイクから降りたらカウンターに肘をついて、これまたかっこよく

コーヒーをオーダーしましょう(`・ω・´)キリッ

じゃぁかっこよくできない人はどうしたらいいのって?

これでも食って奥歯で16ビートでも刻んでろ♪.+.((゚(o´∀`o):..+
DSCN3915.JPG
冬でも辞められないよね♪ソフトクリーム♡

伊豆スカイラインから始まった今シーズン開幕戦!

無事、芦ノ湖でチェッカーを切りゴール(´∧ω∧`*)
DSCN3921.JPG

表彰台に上り、栄光の・・・・
DSCN3927.JPG

シャンパンの代わりに頭からかぶったらいいですか?
DSCN3929.JPG

汚れたら車に乗れないんで、肩からタスキをかけて走って帰ったらいいですか?
DSCN3930.JPG

どちらも実行しなかった僕は、再び車に戻り芦ノ湖から愛知県へ夕食を摂りに(*ゝωб*)b
DSCN3936.JPG

箱根駅伝は再放送?を見たけど、タスキを受け取るランナーの皆さん、本当にキラキラ輝いてて

良い顔してたなぁ。

僕だってキラキラ輝く瞬間があるんだぜ!

それはね・・・・

食欲ですわヾ(-`ω´-o)ゝ。+゚
DSCN3943.JPG
んめぇぇ(σ*´∀`*)

肉かってぇぇヾ(*´Д`*)

まだまだ、質より量を優先するゆきでした♪
DSCN3944.JPG

三重、静岡、神奈川を経て旅をしているゆき。次回は滋賀県を訪問します♪

お楽しみにヾ(≧∇≦*)/
タグ:ドライブ
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

伊豆、下田のペリーロード散策 [ドライブ]

今日もニッポンの夜明けゼヨ!
DSCN3795.JPG

さざ波の音と朝日の眩しさで目を覚ましたゆき・・・・

と、かっこつけて言いたいところですが、単に寒さで目を覚ました僕です。
DSCN3806.JPG

ここ、静岡県下田は皆さんご存知の通り1854年3月31日、日米和親条約によって開港された港町です。

条約締結直前には下田が開港に適切か調査する為、ヴァンダリアと言う大砲を沢山積んだ船と

サウサンプトンという補給艦の二隻が派遣されました。

こんな大砲を16門と8インチ砲を4門を搭載した軍艦!
DSCN3814.JPG
そりゃビビるやろガクガク(((゜Д゜;)))ブルブル

往時、ペリー提督は条約締結のため300人の部下を引き連れこの道を歩き、了仙寺へと向かいました。
DSCN3820.JPG
今では貴重な伊豆石を使った建物やこの地独特のなまこ壁が残る風情ある町並みになっています。

個性的なお店が軒を連ねる静かな通りをカメラを持った観光客がそぞろ歩きをしている。
DSCN3818.JPG

じっくりゆっくり小さな発見を探しながら散策出来る絵になる風景。

朝の寒ささえ無ければね(~_~;)

余りに寒いのでコーヒーで暖まろうと思ったら、神様がもう一本おまけしてくれたよ♪
DSCN3837.JPG

iPadをお盆代わりに写真を撮りながら、朝の下田を歩くと小さいけれど癒しの空間が!
DSCN3834.JPG
あったけぇ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

隣にはしっかりハンドタオルも置かれていて、親切心をヒシヒシと感じます!

早朝の下田、ペリーロード散策。

ついに手だけでは飽き足らず冷え切った体をここで暖めることにしますε-(´∀`; )
DSCN3861.JPG
昭和湯。

見た目も中身も昭和そのもので、アットホームな雰囲気の下田温泉。

僕がお邪魔した時は貸切状態だったけど、地元の利用客が多いのか、マイタオル、マイシャンプーが

たくさん置いてあった。

歴史風情ある港町。
DSCN3857.JPG
最後は海沿いの丘にある下田公園の展望台から、今朝の旅を締めくくります♪

今度はゆっくり海の幸でも頂きにやって来ます☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ギネスに載ったなが~い橋と三保の松原ドライブ・・・・からのぉ?天城ぃぃごぉえぇぇ♪ [ドライブ]

夜はこんな感じで・・・・
DSCN3656.JPG

DSCN3649.JPG

朝はこんな感じ!
DSCN3682.JPG

DSCN3679.JPG

ここ、静岡県島田市に流れる大井川に全長897.422mもの木造橋がかかる。

DSCN3672.JPG
まばゆく光るオブジェにははっきりと『ギネスブック オブ レコーズ』『ホウライ ブリッジ』と刻まれ

威厳と歴史の風格を放っていた。

そんな、なっがぁぁぁぁい橋を朝からダッシュで渡ろうとする馬鹿者が一人。
DSCN3675.JPG
病み上がりは無理しないの!

たぶん、今の僕が走るとウルトラマンよりも早くM78星雲に帰る事になります。

朝の気温は3度と低く、澄んだ空気に大井川の清流と朝焼けに染まる富士山を見ながら

渡る蓬莱橋散策はとっても気持ちいいよ!

往復で1.8km弱あるけどなp(´⌒`q)

この橋を渡り終えた後、本当は朝の大井神社も散策したけど、そっちは聖地巡礼のカテを新設して

レポるとして、神社の次に訪れたのが『焼津さかなセンター』
DSCN3714.JPG

実はココだけは事前に静岡のスーパーの鮮魚コーナーで、価格を自分なりに調査した後にやって来た場所

狙ってたのは生のキンメだったけどやっぱり観光地だからかスーパーより高いぞ!

DSCN3716.JPG

ちなみに静岡県の目の前に広がる駿河湾は日本一深い海で知られていて、最近のテレビでは

深海魚の漁なんかが放送されるもんだから、普通に深海魚がたくさん売られていると勘違いしていたので

なかなかお目にかかれなかったぜ。

とりあえず、こんな市場での買い物は『値切って買う』のが当たり前って事でお土産のカニを言い値より

更に安い価格にしてもらいGET。

地方発送してもらって年始にはカァニ~パーティあ~い♪だな。・・・・イルマニアか!?

一通り歩き回ったら食堂で朝食を食べるぞ!
DSCN3718.JPG
味噌汁には小さいカニが入ってたけど、これはダシ用か!?

とか、何も乗ってない平皿が二枚あるけど何に使うんだ!?

さっきのメニュー表は全部中国語だったけど俺、何処の国の人間だったっけ!?

とか色々突っ込み所はあったけどお腹も膨らんだら余韻に浸らずさっさと席を立つのが九州男児。

移動を開始します。
DSCN3721.JPG
僕の住む九州北部の街からここまで1000kmの道のりは、すでにブログでは書ききれないほどの

感動と素晴らしい景色の連続。

そのうちの一つに『三保の松原』があるよ。
DSCN3744.JPG

三保の松原で一つ有名なのが羽衣伝説。

天から舞い降りてきた天女がこの松に羽衣を掛け、水浴びをしていた・・・・
DSCN3723.JPG
って、目の前海だから海水浴か!?

それを見ていた男が、美しい羽衣を家宝にしようと天女の羽衣を隠してしまう。

天に帰れなくなった天女は・・・・いくつか伝承があって

近江型の話では

男と結婚し、子を作り幸せをもたらした後に天へと帰る。




丹後型の話では

老夫婦の子として引き取られ、酒造りが上手い天女は酒造りで富をもたらし老夫婦は裕福になる。

後に老夫婦から天女は自分の子ではないと家から追い出される。

天女はさまよった末ある地に留まる(トヨウケビメ)

ん?トヨウケビメ?

確か、似たような名前の神様を伊勢神宮の外宮で拝んだような・・・・

あ!?外宮正宮の豊受大神じゃん!!

へぇ!そこで僕の旅の歯車が重なり合うんだぁ☆.:゚+。(●´∀`人´∀`○).:゚+。★

でも、丹後型の羽衣伝説で話を進めると天女が水浴びしていたのは遠く京都北部辺りが舞台になっちゃうので

伊勢神宮の神様と天女はちょびっと関係があるのかもな?程度にしときましょうヾ(-`ω´-o)ゝ。+゚

DSCN3738.JPG

ネットで見た海、富士、松がバランスよく入るショットを撮りたかったのに、そんなスポットを見つけられないまま

なんだかよく解らないポーズでジドリ・・・・

意外と広くて歩きにくい砂浜を歩き回った後は静岡と言えばお茶と言う事で、結構残念な形に仕上がった

玉露ソフトを頂きます。

DSCN3746.JPG
看板にはクリーミーって書いてあったけど、玉露の風味が掻き消されそうなほどクリーミーじゃったワイ。

お土産屋さんには安倍川餅ってのが売ってあって、三保の松原に来る途中に安倍川を渡って来た

あの川が由来の名前なんだろか???

どうなの詳しい人。

伝説とお土産の疑問を残しつつも『世界文化遺産構成資産』である三保の松原を後にします。

DSCN3749.JPG

三保の松原を出た後は駿河湾をぐるりと回ってR136の下田海道を通って天城山の横を通る

『天城越え』をします。

DSCN3776.JPG

夏になると伊豆半島の道路すべてが車で埋め尽くされてるんじゃないか!?って位混んでるらしいけど

今のシーズンは意外と快速に走れるよ♪
DSCN3772.JPG
それでも前を走るトラックとかでつっかえるから、『あぁコレだから車は退屈なんだよ』って思わされるぜ。

河津七滝ループ橋は今日見たバイク雑誌にも載ってたところ!!
DSCN3781.JPG
バイクでタイヤの隅っこまで使う走りが出来るとめっちゃ気持ちよさそう!

あ、今日の最終目的地は下田なので河津七滝ループ橋を渡り終えたら、ペリーさんまではあともうチョイ!

コンパクトにまとまった港町下田。
DSCN3783.JPG

ちょっとだけ夕暮れ時の散策をしたら、明日のスタートはここからです♪
DSCN3788.JPG
コンパクトだけれど凝縮された歴史といつまでたっても旅人を魅了し続ける素敵な町並みヾ(≧∇≦*)/

竹原といい下田といい、このくらいが僕の大好物な町でどんな発見が出来るかはまた次回のお話で♪

Fine♪ヽ(*´∀`)ノ
タグ:ドライブ
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ゆきの一人旅 御前崎ドライブ [ドライブ]

愛知県を越えて静岡県にやってきました

朝のキラキラ輝く遠州灘を眺めながら走るR1
DSCN3548.JPG

わたくしの東海道中一人旅はこんなところでエネルギー補給
DSCN3550.JPG

ぶっちゃけなんも調べずにここまで来たもんだから、道の駅とかに行けば名産品も一目瞭然かな?

という安易な考えでございますヾ(-`ω´-o)ゝ。+゚
DSCN3551.JPG

バイクならいろいろな人がフレンドリーに話しかけてきてくれて、ご当地情報も仕入れやすいけど

なぜか車じゃ人っ子一人話しかけてこねぇ(TwTlll)

シャイな僕は受け身なのよ♡

車のラジオじゃ『ぶち海苔』っていって青海苔と黒海苔が混ざった海苔がこの時期旬らしいってこと言ってたな

浜名湖でも作ってるらしいから、この先にある浜名湖を見に行ってみよぉ(´∧ω∧`*)
DSCN3567.JPG
で、浜名湖に着いたけど、もしかしたら僕は浜名湖でも残念な方向から観光してるんジャマイカ???

じゃ、じゃぁ見る方向も変われば、きっと浜名湖の美しい部分が見えてくるはず!

近くに浜松城があるからそこから浜名湖を見てみよう!

DSCN3573.JPG

野面積みの石垣で有名な浜松城。
DSCN3575.JPG

この人の若いころのお城らしい。誰かわかる?
DSCN3582.JPG
徳川家康でした(σ*´∀`*)

案外、小高い山にあるもんだから貧血の足軽ゆきさんにはちょいとキツ目・・・・

天守閣に到着する頃には、もう浜名湖はどの角度から見てもちょいと残念だったと言う事にしとこうと

自分に言い聞かせるのでした・・・・
DSCN3576.JPG
僕が貧血の頭をクラクラさせながら登ったこのお城、またの名を出世城っていって、

ここの城主になった人はどんどん出世を果たしていくんだって!

みなさん出世したらどうします?

夜の繁華街以外でも『社長!』って呼ばれたらいいんだけどねぇ。・゚゚(ノД`)

僕にはありもしない心配なのでとりあえず出世頭の総大将にご挨拶したら天竜川を渡って別のポイントへ

向かいます。
DSCN3586.JPG

遠出したら、恒例の『ただいま』シリーズをやらなきゃね!
DSCN3590.JPG
ジュビロ磐田で有名な磐田市にある『旧見付小学校

モトイ!!僕んちです!

1872年(明治5年)学制発布を受け、1875年(明治8年)に落成。

何度も改装を重ね1883年(明治16)に今の形になった我が家。

DSCN3592.JPG
漆喰塗の外壁がお気に入りの我が家。どうぞ狭い所ですが・・・・あれ?門がしまっちょぉ( ゚Д゚)

・・・・。僕んちは休館日でした・・・・

自分ちなのになぜか締め出されるというハプニングにもめげず、今度は御前崎へ向かうぜ!

DSCN3616.JPG

僕がひたすら海沿いを移動してるのは、本州って絶対九州より寒いし、この時期山沿いは凍ってるかも!!

っていう、雪の少ない九州人ならではの発想です!

基本、雪と台風を舐めている九州人ですが、白い悪魔の脅威に何度もさらされた僕は極寒の世界に

恐怖を覚えます|ョ゚Д゚ll))怖ァ・・

DSCN3608.JPG

サンセットを眺めながら走る道。

窓を開けて走ると鼻の奥をツンと痛くする冷たい風が吹き込んでくるけど、長い時間暖房にのぼせた体には

とっても気持ちいい♪

御前崎からみる夕陽。
DSCN3624.JPG
空気が澄んでいるなどの数々の自然条件が重なると『グリーンフラッシュ』って言う夕陽が一瞬だけ

緑に輝く現象がみられるそうだけど、ここはどうなんだろ?

グリーンフラッシュを見た人は幸せになれるんだって!

本日最後の観光地は御前崎灯台だよ。
DSCN3643.JPG

灯台の根本へはきれいにライトアップされた階段を上って行くと、白亜の塔の下にたどり着けるぜ!

グリーンフラッシュが見れないか、水平線に沈む夕日を眺めてたけど、

なかなか珍しい現象だから見れなかった。
DSCN3635.JPG

まだまだ続く僕の一人旅。

次回はギネスに載った長い長い木造の橋をレポるよ(´∧ω∧`*)
タグ:ドライブ
nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

パワースポット!伊勢神宮 参拝ドライブ [ドライブ]

九州の北部からやってきました紀伊半島は三重県。

ドライブ二日目はこんな所からスタートです。
DSCN3423.JPG
三洋休憩場

暖冬と言っても朝晩の冷え込みは素晴らしい物があるぞ!
DSCN3424.JPG
R23を通りまずはひとっ風呂と行こうジャマイカヽ(*>∇<)ノ

伊勢・船江温泉 みたすの湯
DSCN3428.JPG
やっぱ神様に会う前はちゃんとキレイキレイしとかなきゃね!

重度の貧血から全裸でぶっ倒れそうになる地獄の入浴も無事に終えたので、

伊勢神宮の参拝のご作法である外宮からのお参りを慣行いたします(*ゝωб*)b

DSCN3429.JPG

一口に『伊勢神宮』と行っても外宮(げくう)と内宮(ないくう)があり、ふらふらぁっと内宮だけお参りしに行くのは

『片参り』といって避けるべきお参りの仕方らしい。

邪念と煩悩にまみれた僕がこんな聖域に踏み込むと、鳥居の入り口で見えない力で弾き返されそうだぜ
DSCN3432.JPG
外宮も内宮も共通しているご作法がいくつかあるけれど、その一つに正宮までの道のりでは

真ん中を歩かないと言うもの。

真ん中は神様の通り道らしい。

我こそが神!!と言う方はどうぞ真ん中を歩いて強烈なバチをかぶってみてくださいヾ(-`ω´-o)ゝ。+゚

で、外宮の正宮へ行く途中にパワースポットを発見!
DSCN3434.JPG
通称『三つ石』。正式には『川原祓所』(かわはらはらいしょ)と言い、一般人はこうして手をかざすと

暖かさを感じますが、ゆきクラスになると近寄っただけでも暖かいパワーを感じます。

それでは、ひとしきりパワーを感じたところで正宮へ今年一年のご挨拶に向かいます。
DSCN3443.JPG
ここでまたまた外宮、内宮共通のご作法である正宮の拝み方!

『二拝二拍手一拝』ですね。

で、ここで自分の願望欲望を神様にゴリ押し!!!

ではなく、今年一年のお礼を神様にします。

恋人ができますように!とか、大金持ちになれますように!とかは、境内にある他のお宮でね(´∧ω∧`*)
DSCN3446.JPG

DSCN3456.JPG

鳥居をくぐる時はしっかり一礼。
DSCN3462.JPG

正宮以外のお宮ではばっちり自分の願望を神様に念押ししといたもんね(V)o¥o(V)

では、内宮へ行く前に時間的に腹ごしらえをしておきましょうヾ(≧∇≦*)/
DSCN3464.JPG

昼飯前のおやつと言う型破りな順番はおかあさんに怒られちゃうパターンです。
DSCN3465.JPG
ここは赤福本店じゃないけど、どうせ味なんて何処も同じだし、違っても僕の舌では解らないのだ(`・ω・´)キリッ

それに、冬限定のぜんざいが食べたくってね♪ヽ(*´∀`)ノ

例え職人気質のおやっさんが怖い顔して作ったぜんざいも、若い女の子が配膳してくれたら

万事OKの優しいスイーツ(#^.^#)

お土産の赤福餅をしっかりGETしたら、ようやくランチを頂くことにしましょう。

DSCN3473.JPG

よその土地から来た僕には『名産』という言葉に弱いのだ( ´ ▽ ` )ノ

店の名前が『豚捨』って名前だからここはトンカツでしょ!

九州人らしくササっと食べた後は、余韻を残さずササっとお会計。

外宮と内宮の場所は少し距離があるので車で移動するか、バスがあるならバスがお勧め!

宮島もだけど内宮の駐車場代って1,000円も取られちゃうからね!

さて、駐車場は、っと・・・・

DSCN3482.JPG

迷ったばい|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||

DSCN3477.JPG

DSCN3476.JPG
あねこ社って言うらしいよ。

鳥居がいっぱいあるから、ここをくぐる時にはお辞儀連発っすね!!

小さな脳みそが揺れて口からキラキラが出るかも・・・・

ちょこっとしたハプニングはあったけど、ようやく内宮へ到着
DSCN3488.JPG
鳥居をくぐる前に一礼してどんどん聖地へ踏み込んでいくぞ!

手水舎って禊(みそぎ)を簡略化したものってしってた?
DSCN3494.JPG

内宮は手水舎で体を清めてもいいし、隣を流れる五十鈴川で汚れをはらってもOK
DSCN3499.JPG

僕から汚れを取ったらいったい何が残るのか!?
DSCN3500.JPG
下衆の極み!煩悩の塊みたいなヤツが清流に手を突っ込んでみます!!

シューッ!!っていう煙出てない?

伊勢神宮内宮も外宮と同じで正宮からお祈りすることになります。
DSCN3504.JPG

ここでも、一年の感謝を込めてお礼申し上げます。
DSCN3508.JPG
内宮の正宮には太陽を神格化した天照大御神を祀っていて、僕たち国民の大氏神となっています。

で、外宮と同じく境内のお宮で自分のお願いをしていくぜ
DSCN3523.JPG

伊勢神宮はお宮のみならず、森や木々、川なんかもパワースポットとして知られてます。
DSCN3515.JPG
みんなも行ったらすぐに見つけられると思うけど、この木もパワーがありそうだぜ!

僕の邪念で木が枯れない程度にパワーを頂きます。

DSCN3526.JPG

全てのお宮を参拝した後は街に繰り出しましょう!

年末ってだけあって賑わってるよ!
DSCN3528.JPG

太鼓のパフォーマンスもあって国内外のお客さんも日本をビンビンに感じられるぜ
DSCN3527.JPG

僕がぶらぶらしたところは、『おかげ横丁』っていう所で江戸末期から明治初期の門前町の町並みを再現した

エリア。
DSCN3529.JPG
沢山の出店やお土産屋さんがあってとっても楽しい所!

散策しながら買い食いするのが一番だね(σ*´∀`*)

残念なことにゆきは満腹なのでお財布のクチは閉じたままヾ(-`ω´-o)ゝ。+゚

町並み散策を終え、伊勢から鈴鹿、名古屋を越えて愛知県の岡崎あたりでダウン
DSCN3540.JPG

次回はいよいよ静岡入りをするぜ(´∧ω∧`*)
nice!(10)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ぶらりスイスポ一人旅 [ドライブ]

2015年も終わりを迎えるころ。

突然発症した『どっか行きたい病』

この疾患の罹患率が高ければ高いほど国が潤うけど、僕の周りじゃこの病気に感染してるのは

僕だけ( ̄□ ̄;)!!

仕方ない。いっちょ国の経済を回しに行きますか!

午前中はだらだら車を洗ったりゲームしたりで結局、出発は午後2時・・・・
DSCN3391.JPG

一応九州の北部から、三重県伊勢市、静岡県下田市を目指そうと思ってるよ♪

本当はバイクでウロチョロしたいんだけど、キャンプ用品をまとめる装備を持ってないし、

何より路面状況が今一つわからないので車にしました。
DSCN3396.JPG
関門海峡

車だと楽だけど、旅って感じはやっぱりバイクが一番。

何よりこっちが黙ってても、色々な人が話しかけてきてくれるので引っ込み思案で人見知りな僕には

嬉しい出来事なのだ(σ*´∀`*)

宮島サービスエリアで広島的なお菓子を買ってまた暫しのドライブ
DSCN3408.JPG

ち、案の定、車だとだぁれも話しかけてきてくれないぜ(TwTlll)

仕方ないので1600㏄しかないコンパクトカーにムチ入れて、300km越えのハイスピードで三重県に向かうぜ!
DSCN3419.JPG

一応、三重県には着いたけど、伊勢市手前で限界を感じて車中泊。
DSCN3423.JPG
スイスポってリアシートを倒して、ナビシートを全開に前にやってホムセン箱をシートとシートの間に突っ込むと

フラットに近い状態になって足を延ばして寝れるんだぜ!

そんな涙ぐましい努力をしても居住性だけは軽自動車のバンには勝てねーけどな(艸Д
タグ:ドライブ
nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感